取り扱い事例

216 被相続人(両親)の生前に、相手方(依頼者の妹)が被相続人預金を着服したかが問題になった事例

事案の概要

相続関係図

・Xが当事務所依頼者、Yが遺産分割の相手方、Aが被相続人
・●は、相続人、被相続人ではなく、既に死亡している人、
・○は、相続人、被相続人ではなく、生存している人
・横線は婚姻関係を示し、縦線は親子関係を示す(実線が実親子、点線が養親子)

被相続人A1は、依頼者Xと相手方Yの父
被相続人A2は、依頼者Xと相手方Yの母
Xは長女、Yは次女
A1、A2は同居。YはA1・A2と同居はしていないが、A1、A2と同じ県内に居住。Xは、A1・A2とは遠方に居住。
A1、A2は相次いで認知症を発症したため、二人とも老人保健施設に入所。入所手続は、近隣に居住していたYに任せる。
ところが、A1・A2が相次いで施設に入所した頃から、Yの生活ぶりが派手になった。
A1が死亡すると、Yが、A2とXが会うのを嫌がるようになる。Xは、Yの対応から、YがA1・A2のお金を勝手に使っていると考え、Yに対して、A1・A2の預金通帳を見せるように要求した。
Yは、A1・A2の預金通帳をXに見せることを拒否する。また、A1・A2の預金を勝手に使っていないと答える。
話し合いにならないため、Xが当事務所に依頼。

争った点と当事務所の事件処理

①争いになった点

YがA1・A2の預金を勝手に使ったか。また、使ったのであれば、いくら使ったか。

②受任後の処理と結果

受任当初はA2が存命であったため、A2に成年後見人を付けることを前提に、A2の預金口座の取引履歴を取得しました。ところが、取引履歴の取り寄せ中にA2が亡くなりました。
そこで、A1・A2の遺産分割協議を持ちかけ、その中でYによるA1・A2の預金の管理状況を問いただしました。
しかし、Yは、A1・A2の預金を勝手に使ったことは否定しました。
そこで、A1・A2の預金について取引履歴を調査するとともに、A1・A2の施設入所後の判断能力の有無について詳細に調査しました。
調査結果を基に裁判を行いました。
裁判でも、YはA1・A2の預金の無断使用を否定しました。本人尋問も行い、その結果による裁判所の心証も踏まえて、最終的には、Yが一定の範囲でA1、A2の預金を勝手に使ったということを前提として、YがXに金銭を支払う和解が成立しました。

主な対応エリア

※エリア以外の方も対応させていただく場合があります。個別にご相談ください。

相続相談対応エリア東海地区

愛知県 <尾張地方>
名古屋市、一宮市、瀬戸市、春日井市、犬山市、江南市、小牧市、稲沢市、尾張旭市、岩倉市、豊明市、日進市、清須市、北名古屋市、長久手市、東郷町、豊山町、大口町、扶桑町、津島市、愛西市、弥富市、あま市、大治町、蟹江町、飛島村、半田市、常滑市、東海市、大府市、知多市、阿久比町、東浦町、南知多町、美浜町、武豊町

愛知県 <三河地方>
岡崎市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、知立市、高浜市、みよし市、幸田町、豊橋市、豊川市、蒲郡市、新城市、田原市、設楽町、東栄町、豊根村

岐阜県
岐阜市、羽島市、各務原市、瑞穂市、岐南町、笠松町、大垣市、神戸町、輪之内町、安八町、美濃加茂市、可児市、多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市

三重県
桑名市、いなべ市、木曽岬町、東員町、四日市市、菰野町、朝日町、川越町、鈴鹿市、亀山市、津市

相続相談対応エリア関東地区

東京都(23区)
足立区、荒川区、板橋区、江戸川区、大田区、葛飾区、北区、江東区、品川区、渋谷区、新宿区、杉並区、墨田区、世田谷区、台東区、中央区、千代田区、豊島区、中野区、練馬区、文京区、港区、目黒区

東京都(多摩地域)
西東京市、武蔵野市、三鷹市、調布市、狛江市、清瀬市、東久留米市、小平市、小金井市、東村山市、国分寺市、府中市、稲城市、東大和市、立川市、国立市、多摩市、町田市、日野市、昭島市、武蔵村山市、福生市、八王子市、羽村市、青梅市、あきる野市、瑞穂町、日の出町

神奈川県
川崎市、横浜市、鎌倉市、逗子市、葉山町、横須賀市、三浦市、大和市、綾瀬市、藤沢市、座間市、海老名市、寒川町、茅ヶ崎市、相模原市、愛川町、厚木市、伊勢原市、平塚市、

埼玉県
さいたま市、川口市、蕨市、戸田市、春日部市、草加市、越谷市、八潮市、三郷市、吉川市、松伏町、朝霞市、新座市、志木市、和光市、富士見市、ふじみ野市、三芳町、所沢市、入間市、狭山市、川越市

千葉県
浦安市、市川市、松戸市、流山市、野田市、船橋市、鎌ヶ谷市、柏市、我孫子市、白井市、八千代市、習志野市、八千代市、印西市、千葉市、四街道市、佐倉市、市原市、袖ケ浦市、木更津市、八街市、酒々井町、成田市、栄町、富里市