依頼者の声

全く連絡がとれない相手方に対して、遺産分割調停を用いて早期に解決した事案

ご依頼者様

  • 女性(50歳代)
  •  

    ご依頼者様からのお礼の言葉

    姉は、宗教に傾倒し、常識が全く通用しない人間でした。父はそれなりの財産を残して亡くなりましたが、私は、姉を相手にして遺産分割をまとめることは不可能だと諦めていました。「何もせずに放っておこう。姉が亡くなってから処理をするしかない」と思っていました。
    しかし、相続税のこともありましたので、ロウタス法律事務所の大村先生に相談したところ、相続税に関してはすぐに動かないといけないということで、その場で、税理士の先生に電話をかけてくれて、税理士さんを紹介してくれました。
    遺産分割についても、「裁判所を使えば、必ず解決できますよ」と仰ってくれたので、ロウタスさんに遺産分割の代理もお願いすることにしました。

    税理士さんと大村先生に父の遺産を調べてもらったところ、姉が引き出したと思われるお金もたくさん出てきましたが、私が引き出したお金も姉が引き出したお金とほぼ同額くらいあることが分かりました。
    私は父の許可を得て父のお金を引き出しましたが、姉は、父に無断で引き出していたのですから、私としては、姉が引き出したお金については遺産に戻してもらいたいという気持ちがありました。
    しかし、「姉は父に無断でお金を引き出した」「私は父の許可を得てお金を引き出した」ということを示す客観的な証拠がなく、裁判で争いになった場合は、親族や父が入院していた病院の関係者等、生前の父のことをよく知る第三者の協力が必要になるとのことでした。
    大村先生は、「裁判で預金の出金のことを徹底的に追求すると、裁判は長引くことになりますが、ご希望であれば、徹底的に追求します」と言っていただきました。また、親族からも「協力するよ」と言っていただきました。
    でも、周りの言うことを聞かず親の金を盗んで宗教団体に寄付し続けた姉の性格を考えると、親戚の方に裁判に協力していただいたことで、姉からその方に危害が加えられるおそれもあったので、預金の出金のことは追及しないことにして、「相続開始時の遺産を半分ずつ分ける」ということを目標に、遺産分割調停を申し立てることになりました。

    調停が始まると、意外なことに、姉は弁護士をつけて、調停期日に出てきました。
    姉は私が行った出金について「遺産に戻せ」と主張してきました。さらに「自分に寄与分がある」という主張もしてきました。
    私も何回か、大村先生と一緒に調停期日に出席しました。
    結果として、姉の主張は一切認められず、当初から私たちが主張していた「相続開始時の遺産を半分ずつにする」という形で調停が成立しました。
    調停開始から調停成立までは約1年半かかりましたが、ここまで争いの多い遺産分割調停としては比較的短い方ということですし、私としては、元々は姉との間で遺産分割がまとまるとは思っていませんでしたので、「こんなに早く終わるのか」と思いました。
    調停期日に何回か行ってみて、そして調停が終わってみて感じたのは、「全て大村先生が最初に言っていたとおりになったな」ということです。
    最初に相談に行ったときに「裁判所を使えば必ず解決できる」と仰っていて、そのとおりになりました。また、調停が始まってすぐに、「お姉さんはこちらの出金について『遺産に戻せ』と言ってくると思うけど、戻す必要はない」、「『遺産を半分ずつ』という内容であれば、調停開始から1年半あればおそらく実現可能」ということを仰っていて、そのとおりになりました。
    また、私が先生と一緒に調停期日に行った時も、事前に「おそらく調停委員やお姉さんの弁護士からこういうことを言われるので、こちらはこういうことを言いましょう」というシミュレーションをするのですが、毎回、そのシミュレーションとおりに調停が進んでいました。
    大村先生はお若いですが、はるかに年上の調停委員や姉の弁護士を誘導していると感じました。大村先生の手の中で調停が動いているような印象を受けました。

    また、私も大村先生も野球がとても好きなので、調停の待合室ではよく野球の話しをしていました。私は、最初は裁判所に行くのは嫌だったのですが、大村先生と楽しいお話しができて、途中からは裁判所に行くのが嫌ではなくなりました。調停が成立した時は、少しさみしい気持ちにもなりました。
    裁判に関しても大村先生は先のことが見えているなあと感心していたのですが、早稲田実業の清宮選手が話題になるずっと前から、「ラグビーの清宮の息子が野球をやっていて、早稲田実業に入るらしいです。祐ちゃんの時みたいに大騒ぎになると思いますよ」と仰っていました。清宮l選手が1年生の時に甲子園に出て、大騒ぎになった時、「ああ、また大村先生の言っていたとおりなったなあ」と思いました。「法律以外のことでも、先が見えているなあ」と感心しました。

    大村先生に担当していただいて、本当に良かったなと思いました。
    ありがとうございました。

    以上

    主な対応エリア

    ※エリア以外の方も対応させていただく場合があります。個別にご相談ください。

    相続相談対応エリア東海地区

    愛知県 <尾張地方>
    名古屋市、一宮市、瀬戸市、春日井市、犬山市、江南市、小牧市、稲沢市、尾張旭市、岩倉市、豊明市、日進市、清須市、北名古屋市、長久手市、東郷町、豊山町、大口町、扶桑町、津島市、愛西市、弥富市、あま市、大治町、蟹江町、飛島村、半田市、常滑市、東海市、大府市、知多市、阿久比町、東浦町、南知多町、美浜町、武豊町

    愛知県 <三河地方>
    岡崎市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、知立市、高浜市、みよし市、幸田町、豊橋市、豊川市、蒲郡市、新城市、田原市、設楽町、東栄町、豊根村

    岐阜県
    岐阜市、羽島市、各務原市、瑞穂市、岐南町、笠松町、大垣市、神戸町、輪之内町、安八町、美濃加茂市、可児市、多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市

    三重県
    桑名市、いなべ市、木曽岬町、東員町、四日市市、菰野町、朝日町、川越町、鈴鹿市、亀山市、津市

    相続相談対応エリア関東地区

    東京都(23区)
    足立区、荒川区、板橋区、江戸川区、大田区、葛飾区、北区、江東区、品川区、渋谷区、新宿区、杉並区、墨田区、世田谷区、台東区、中央区、千代田区、豊島区、中野区、練馬区、文京区、港区、目黒区

    東京都(多摩地域)
    西東京市、武蔵野市、三鷹市、調布市、狛江市、清瀬市、東久留米市、小平市、小金井市、東村山市、国分寺市、府中市、稲城市、東大和市、立川市、国立市、多摩市、町田市、日野市、昭島市、武蔵村山市、福生市、八王子市、羽村市、青梅市、あきる野市、瑞穂町、日の出町

    神奈川県
    川崎市、横浜市、鎌倉市、逗子市、葉山町、横須賀市、三浦市、大和市、綾瀬市、藤沢市、座間市、海老名市、寒川町、茅ヶ崎市、相模原市、愛川町、厚木市、伊勢原市、平塚市、

    埼玉県
    さいたま市、川口市、蕨市、戸田市、春日部市、草加市、越谷市、八潮市、三郷市、吉川市、松伏町、朝霞市、新座市、志木市、和光市、富士見市、ふじみ野市、三芳町、所沢市、入間市、狭山市、川越市

    千葉県
    浦安市、市川市、松戸市、流山市、野田市、船橋市、鎌ヶ谷市、柏市、我孫子市、白井市、八千代市、習志野市、八千代市、印西市、千葉市、四街道市、佐倉市、市原市、袖ケ浦市、木更津市、八街市、酒々井町、成田市、栄町、富里市