ロウタス法律事務所|メニュー

依頼者の声

遺留分減殺請求について生前の出金についても遺産に持ち戻して解決できた案件

ご依頼者様

・男性(40歳代)

 

ご依頼者様からのお礼の言葉

亡くなった父の遺言書が、「ほとんどの資産を後妻に与え、息子の私にはごくわずかな現金のみ」という内容でした。昔、テレビドラマで先妻の子供が相続で不利な扱いを受けている番組を見ましたが、母が亡くなったときに父がひどく落ち込んでいたことから、まさか自分が同様の状況に陥るとは思っていませんでした。

父の遺産総額を知ろうと、遺言執行者である信託銀行に問い合わせましたが、明確な金額は回答してもらえず、自分の遺留分もわからなかったため、ロウタス法律事務所に相談しました。

初回相談の際の弁護士の説明で、自分にも誤解があることがわかり、相続の大変さを実感しました。その後、ロウタス法律事務所に依頼したのですが、弁護士の先生が生前贈与も細かく調べ、遺産額を増加させた上で和解をまとめていただいたので、とてもありがたく思いました。

相続は、とてもストレスがかかります。和解金を手にした今、自分で望んだことをしたはずなのに、言いようのない空虚さに襲われています。「自分の母親が死んだ時に自分にとっての父親も死んでしまっていたのか」という錯覚すら覚えました。今回の相続では、遺産の調査をかなり細かく行ってもらったので、調査に時間がかかり、待っている間に色々と考えてしまい、かなりストレスがかかりました。待っているだけでも大変だったので、自分で直接相手(後妻)と交渉するストレスにはとても耐えられなかったと思います。

私は、遺産の調査をしっかりやっていただき、その後も交渉も速やかに進めてもらいましたが、それができたのは、ロウタス法律事務所が相続の専門事務所だったからだと思います。
また、弁護士報酬も不明朗な報酬は全くありませんでした。

私は、相続事件ではロウタス法律事務所は推薦できる事務所だと思います。

この事件の詳細を見る

ロウタス法律事務所|対応エリア
  • 相続相談問合せ
  • 相続相談のセカンドオピニオン
  • LINEで相続相談
  • 相続セミナー案内
  • 出版物案内
  • マスコミ出演情報
  • セミナー情報
  • 修習生の方へ
ロウタス法律事務所|対応エリア