依頼者の声

生前贈与の有効性が争われた事案(一審完全敗訴から控訴審にて挽回した事案)

ご依頼者様

・女性(50歳代)

 

ご依頼者様からのお礼の言葉

姉は、年老いた母に対して、「面倒を見てあげるから、お金と実家の土地建物を贈与しなさい」と迫り、契約書にサインさせて、母のお金(1000万円)と実家の土地建物を自分のものにしてしまいました。姉が、その後、きちんと母の面倒を見てくれれば、それでもよかったのですが、姉は、まるで「もらうものはもらったから用は無い」と言わんばかりに、全く実家に寄り付かなかくなってしまいました。
「こんな酷いことが許されるはずがない」と思い、母と一緒に弁護士さんに相談し、姉に対して、1000万円と実家の土地建物を返すように請求しました。しかし姉はこれに応じませんでしたので、母としても本意ではありませんでしたが、姉に対して裁判を起こしました。
その裁判の途中で、母が急死してしまい、母の思いを引き継いで私が裁判を続けました。
私は、「こんな酷いことが許されるはずがない」と思っていましたので、裁判にも当然勝てるものだと思っていました。
しかし、判決は、私の完全敗訴で目の前が真っ暗になりました。
しかも、私の弁護士さんは、電話で「負けました。もう私はこの件はやりません。控訴するなら他の先生に頼んでください。資料は全部返しますので。じゃあ、お疲れ様でした。」と言うだけで、なぜ負けたのか?何が悪かったのか?の説明もないですし、落ち込んでいる私に対する気遣いも全くありませんでした。
裁判に負けたこともショックでしたが、弁護士さんの冷たい対応にも、ショックを受けました。
もう何もする気力も起きなかったのですが、控訴するなら2週間しかということだったので、なんとか気力を振り絞って、新しい弁護士さん(大村先生)に相談に行きました。
大村先生は、一審の私の敗訴判決を読みながら、なぜ私が負けたのかを丁寧に説明してくれました。
また、その説明に入る前に、「敗訴判決だから、読むのは辛いと思いますけど、」と前置きをしてくれました。私は、その言葉に、「この先生は細かい心遣いができる方なんだな」と感心しました。
そして、ホワイトボードを使って、裁判とはどんなものなのか?、なぜ、私は負けたのか?を分かりやすく説明してくれました。その上で、「なかなか難しい案件ですが、突破口がないわけではないですよ。」と仰っていただけました。
大村先生の細かい心遣いに触れ、大村先生の分かりやすいご説明を聞いて、今まで真っ暗だった心に光が差したようでした。すぐに大村先生に依頼させていただくことにしました。

実際に大村先生に依頼してからは、「前の先生とこんなに違うものか」と思うことだらけでした。
前の先生は、経験豊富なベテランの先生でしたが、かなりのご高齢ということもあってか、私の説明をなかなか理解してくれませんでした。前回の打ち合わせと同じ話を繰り返ししただけで、打ち合わせが終わってしまうこともありました。
しかし大村先生は私の説明をすぐに理解してくれました。私の話しを理解してくれるスピードが前の先生とは全く違いました。しかも打ち合わせの内容は全てメモにとって記録してくれていたので、前回の打ち合わせを繰り返すということも全くありませんでした。

前の先生の時は、裁判所に提出する書面や証拠も、ほとんど私が準備して、先生はそれに先生の名前と判子を足して提出するだけという感じでした。その時は、「裁判というのはそういうものか」と思っていました。
しかし、大村先生は、書面も証拠も全部準備してくれました。私は、打ち合わせに行って、説明すればよいだけでした。「こんなに何もしなくてもいいのか?裁判って本当はこんなに楽だったのか?今までの苦労は一体なんだったのか?」と思いました。

大村先生にお願いした結果、一審判決をひっくり返すことまではできませんでしたが、姉から和解金を出させ、一矢報いることができました。
和解をするに際しても、その和解が私にとってどういうメリットがあるのか、和解しない場合どういうデメリットがあるのか、詳しく説明してくれました。その結果、私としては「是非この内容で和解したい」と思えるようになりました。姉が和解を受け入れてくれるかは不安でしたが、姉も受け入れてくれて、和解が成立した時は本当にうれしかったです。
姉が和解を受け入れてくれた理由は、一審の時に出さなかった証拠を大村先生が出してくれたからだと思います。私の気持に寄り添ってくれた点だけでなく、裁判の腕という点でも、大村先生にお願いして本当に良かったと思います。

  • 相続相談問合せ
  • 相続相談のセカンドオピニオン
  • LINEで相続相談
  • 相続セミナー案内
  • 出版物案内
  • マスコミ出演情報
  • セミナー情報
  • 修習生の方へ

主な対応エリア

※エリア以外の方も対応させていただく場合があります。個別にご相談ください。

相続相談対応エリア東海地区

愛知県 <尾張地方>
名古屋市、一宮市、瀬戸市、春日井市、犬山市、江南市、小牧市、稲沢市、尾張旭市、岩倉市、豊明市、日進市、清須市、北名古屋市、長久手市、東郷町、豊山町、大口町、扶桑町、津島市、愛西市、弥富市、あま市、大治町、蟹江町、飛島村、半田市、常滑市、東海市、大府市、知多市、阿久比町、東浦町、南知多町、美浜町、武豊町

愛知県 <三河地方>
岡崎市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、知立市、高浜市、みよし市、幸田町、豊橋市、豊川市、蒲郡市、新城市、田原市、設楽町、東栄町、豊根村

岐阜県
岐阜市、羽島市、各務原市、瑞穂市、岐南町、笠松町、大垣市、神戸町、輪之内町、安八町、美濃加茂市、可児市、多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市

三重県
桑名市、いなべ市、木曽岬町、東員町、四日市市、菰野町、朝日町、川越町、鈴鹿市、亀山市、津市

相続相談対応エリア関東地区

東京都(23区)
足立区、荒川区、板橋区、江戸川区、大田区、葛飾区、北区、江東区、品川区、渋谷区、新宿区、杉並区、墨田区、世田谷区、台東区、中央区、千代田区、豊島区、中野区、練馬区、文京区、港区、目黒区

東京都(多摩地域)
西東京市、武蔵野市、三鷹市、調布市、狛江市、清瀬市、東久留米市、小平市、小金井市、東村山市、国分寺市、府中市、稲城市、東大和市、立川市、国立市、多摩市、町田市、日野市、昭島市、武蔵村山市、福生市、八王子市、羽村市、青梅市、あきる野市、瑞穂町、日の出町

神奈川県
川崎市、横浜市、鎌倉市、逗子市、葉山町、横須賀市、三浦市、大和市、綾瀬市、藤沢市、座間市、海老名市、寒川町、茅ヶ崎市、相模原市、愛川町、厚木市、伊勢原市、平塚市、

埼玉県
さいたま市、川口市、蕨市、戸田市、春日部市、草加市、越谷市、八潮市、三郷市、吉川市、松伏町、朝霞市、新座市、志木市、和光市、富士見市、ふじみ野市、三芳町、所沢市、入間市、狭山市、川越市

千葉県
浦安市、市川市、松戸市、流山市、野田市、船橋市、鎌ヶ谷市、柏市、我孫子市、白井市、八千代市、習志野市、八千代市、印西市、千葉市、四街道市、佐倉市、市原市、袖ケ浦市、木更津市、八街市、酒々井町、成田市、栄町、富里市