ロウタス法律事務所|メニュー

依頼者の声

行方不明の相続人を相手に遺産分割調停・審判を行った事案

ご依頼者様

・女性(40歳代)

 

ご依頼者様からのお礼の言葉

父が亡くなりましたが、父に私以外にも子供がいるということを私も母はも全く知らなかったので、父名義の土地の名義は、簡単に私に変えられると思っていました。

しかし、土地の名義変更手続を司法書士さんにお願いしたところ、父に婚外子がいたということが分かり、私も母も大変なショックを受けました。

しかも、法律上は婚外子の方にも遺産の4分の1をお渡ししないといけないということにも非常にショックを受けました。

父が、生きている間に、私以外にも子供がいるということを教えてくれていれば、こんなことにはならなかったかもしれないと思うと、父を恨む気持ちにもなりました。しかし、大村先生のアドバイスもあり、「起こってしまったことは仕方がない」と頭を切り替えて、前に進んで行くことにしました。

先方が行方不明ということで、私としては、どうしたらよいのか想像もつかず、不安だったのですが、大村先生からは、「手間と時間はかかりますが、『土地の評価額の4分の1は払う』という覚悟さえ決めていただければ、土地の名義はこちらに変更できますよ」と仰っていただき安心しました。

先方の対応がとても不誠実で非協力的であったため、大村先生には、大阪まで出向いていただくなど、いろいろ御手間をとらせましたが、結局、無事に土地の名義を変えることができて、本当によかったです。

この事件の詳細を見る

ロウタス法律事務所|対応エリア
  • 相続相談問合せ
  • 相続相談のセカンドオピニオン
  • LINEで相続相談
  • 相続セミナー案内
  • 出版物案内
  • マスコミ出演情報
  • セミナー情報
  • 修習生の方へ
ロウタス法律事務所|対応エリア