ロウタス法律事務所|メニュー

依頼者の声

自筆証書遺言に誤記があった事案

ご依頼者様

・女性(60歳代)

 

ご依頼者様からのお礼の言葉

夫は、再婚だったため、私に自宅を遺すために公正証書遺言を作成する予定でしたが、遺言を作る直前に、意識不明になってしまいました。

夫が亡くなった後、夫の子供たちから、自宅を出ていけといわれて、ロウタス法律事務所に相談をしました。

初回相談では「ご主人が手書した遺言を検認して登記をしたらよい」とアドバイスをもらいました。そこで、遺言検認をしてから登記をしようとしましたが、遺言書の書かれていた地番が間違っていたため、登記ができませんでした。
すると、夫の子供たちから遺産分割調停を申し立てられ、「これで家を出ていかなければならないか」と途方にくれました。

そこで、再びロウタス法律事務所を訪れ、「なんとか夫の遺志を実現して、自宅に住み続けたい」とお願いしたところ、枩藤先生が細かく打ち合わせをして、丁寧に証拠を探してくださり、また、昔の裁判も一生懸命調べて、粘り強く相手を説得してくれました。
おかげで、自宅に住み続けることができました。

いい事務所・いい弁護士に巡り合えて本当に良かったと思っています。
ありがとうございました。

この事件の詳細を見る

ロウタス法律事務所|対応エリア
  • 相続相談問合せ
  • 相続相談のセカンドオピニオン
  • LINEで相続相談
  • 相続セミナー案内
  • 出版物案内
  • マスコミ出演情報
  • セミナー情報
  • 修習生の方へ
ロウタス法律事務所|対応エリア